アレルギーっ子のおかあさん!おしゃべりしませんか!

みなさん、こんにちは!    いよいよ梅雨入りのようですね。  九州南部は大変そうですが、そこそこ雨がふらないとこれも困りますね。  ほんとに そこそこでいいのですが・・・・・  さて今回は、  「福岡アレルギーを考える会」さんから おしゃべりの会開催のご案内です。 …
コメント:0

続きを読むread more

食物アレルギー攻略法講座のご案内

 みなさん あけましておめでとうございます!  今年もアレルギーに関します情報をかみくだいてお伝えしていきます。  どうぞよろしくお願いいたします。  さて今回は、シリーズでお送りしております 小児科医師「柴田瑠美子先生」を 講師にお迎えして、福岡アレルギーを考える会様との共催で 第1回 ふくおか食物 アレルギー攻略法講座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶏卵」について

 みなさんこんにちは!  今回は、「ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室」から食物アレルギーを 誘発しやすい食物とその特徴 をお送りします。 -------------------------------------  【鶏 卵】  鶏卵は、即時型食物アレルギーを引き起こす3大原因食品の中で もっとも アレルゲンにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児アレルギー学会からトピックス

 みなさんこんにちは!  今回は、16年10月8日、9日に行われました、日本小児アレルギー学会から トピックスを1つお送りいたします。 -------------------------------------  「児童館職員の食物アレルギーに対する認識とその問題点」  (福井大学医学部病態制御医学講座小児科学 発表)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児期にアトピー性皮膚炎と診断されたら・・・

 みなさんこんにちは!  今回は、柴田瑠美子先生著の食物アレルギー教室より、”乳児期に アトピー性皮膚炎と診断されたら・・・”をお届けします。    バリア機能が低下した皮膚からのアレルゲン食物の感作を受けない ために 適切な外用薬治療とスキンケアが大切です。  乳児早期に見られる湿疹は、単なる乳児湿疹である場合が多く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生児・乳児消化管アレルギーについて

 みなさんこんにちは! 今回は、「新生児・乳児消化管アレルギー」についてです。  「新生児・乳児消化管アレルギー」は、おもに新生児から乳児 に見られる疾患です。  食物アレルギーの症状が、消化管症状(嘔吐や下痢)のみで、 じんましんや咳き込みなどは見られません。  粉ミルクによるものが最も多く ミルクを与えて2時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ物を落としたときに・・・

 みなさんこんにちは! みなさん、食べ物を床に落としたときに、「3秒ルール」ってよくやっていませ んか?  本当に3秒だと大丈夫なのかどうか、今回 その研究発表があったようです。 「Applied and Environmental Microbiology」(9月2日版)によりますと   細菌の移行率は、細菌に汚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生児・乳児消化管アレルギーについて

 みなさんこんにちは! ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室-7 【新生児・乳児消化管アレルギーについて】  主に新生児から乳児に見られる疾患です。  食物アレルギーの症状が消化管症状(嘔吐や下痢)のみで じんましんや 咳き込みなどは見られません。  粉ミルクによるものが最も多く、ミルクを与えて2時間以降に急に激しい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレルギー教室 参加のご報告

 みなさんこんにちは!  まだまだ暑い日が続いていますね。  こういう季節の変わり目は、体調をくずしやすいので お気をつけ下さい。  さて今回は、福岡:梅野小児科医院さん主催で行われました、「アレルギー教室」  に参加しましたのでご報告させていただきます。 ●○●○●○●○●○●○●○● 記 事 ●○●○●○●○●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指示無く食事制限42% ~厚労省報告から~

 みなさんこんにちは!  こどもさんの夏休みもおわり、一段落されているところだと思います。  さて今回は、厚労省の調査報告をお知らせいたします。 ●○●○●○●○●○●○●○● 記 事 ●○●○●○●○●○●○●○●○  【食物アレルギー、親が判断 医師指示なく食事制限しているかたが42%】    食物アレル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IgE抗体が作られる「経口」と「経皮」感作のプロセス

 みなさんこんにちは! ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室-6 【IgE抗体が作られる「経口」と「経皮」感作のプロセス】  食物アレルギーは、血液中にIgE抗体が作られることから始まります。 これを"感作"といいます。  私たちのからだは、口から食べ物を取り込んで 腸の粘膜を通して 栄養として吸収します。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡小児科医会 講演会からトピックス

 みなさんこんにちは!  今回は、7/27(水)に行われました、福岡小児科医会 講演会からトピックスをご報告いたします。 上記講演会で、名古屋のアレルギー専門医の伊藤浩明先生の食物アレルギーの講演があり 聴講してまいりました。 インフルエンザワクチンのアレルギーについて インフルエンザ予防接種でのアナフィラキシー患者につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの わたしの 食物アレルギー教室

 みなさんこんにちは!  ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室-5 【過度に衛生的な環境も一因に】 近年、おかあさんたちの衛生に対する意識が高まっています。 しかし、最近の研究で過度に衛生的な環境はアレルギーに傾きやすい 体を作っていることがわかっています。 たとえば、家畜のいる農家などで育てられた乳幼児にはアレル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレーロをガマンしていたおかあさんへ・・・

 みなさんこんにちは!  ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室 第3弾をお届けいたします。 ○焦らずじっくりと・・・  乳幼児の食物アレルギーは成長とともにほとんどがなおります。  日々の対応にストレスを感じ、「このままなおらないのではないか」と不安に思う こともあるかもしれませんが、焦らずじっくりと向き合って乗り切っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの、わたしの食物アレルギー教室-2

 みなさんこんにちは!  第2弾をお届けいたします。 食物アレルギーの治療の基本は、原因食物の除去(アレルゲン除去)です。 日本小児アレルギー学会では、「正しい原因アレルゲンの診断に基づいた 必要最小限の除去食」を提唱し、不適切な除去による栄養面での弊害を問題としています。 アレルゲン除去食の自己判断は禁物です。 必ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの、わたしの食物アレルギー教室

 みなさんこんにちは!  ぼくの、わたしの 食物アレルギー教室 といたしまして、国立病院機構福岡病院 小児科 柴田瑠美子先生の著書の「食物アレルギー教室」をもとに 情報のご提供をしてまいります。 【第一弾 食物アレルギーと診断されたら・・・】 食物アレルギーは、初期対応がとても重要です。 重症化させないためにも 早く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more